悩み

不倫が辛い理由と、辛い気持ちを軽減する方法

窓際で泣いている女性
不倫は辛いもの。

彼のことが本当に大好きであればあるほど辛さは相当なものよね。。。

不倫が辛い理由

フェアじゃない

不倫の関係は、フェアではありません。

特に、どちらかが結婚していて、どちらかが独身の場合。

相手にはパートナーがいて、なおかつ、自分という恋人がいる。

決して1番目にはなれない。

そして、そのことを許容して付き合っていかなければなりません。

相手が結婚していること、それを継続していることを責めることはできないのです。

だって、それを承知で付き合い始めているから。

だから、不倫という関係は始まってから終わるまで、ずっとフェアな関係性ではないから辛いのです

自分だけのものにならない

不倫という関係は、どちらか、またはどちらともに相手がいるということ。

それはつまり、どんなに頑張っても相手が自分だけのものにならないということになります。

大好きで付き合っている人が自分だけのものではない。

それを許容しなければいけない関係。それってやっぱりすごく辛いことです。

常に2番目

不倫は、常に2番目。

彼には奥さんがいて、もしかしたら子供がいるかもしれませんね。

そうすれば2番ですらないかもしれません。

決して一番にはなれない悔しさ。切なさ。

でもそれを我慢して続けなくてはいけない辛さ。

好きな時に会えない、連絡できない

独身のカップルのように、好きな時に連絡したり、会ったりできないのが不倫の辛さの一つ。

どうしても会いたい時、話したい時もあるでしょう。

でも自分や彼の家族がいない時でしか都合はつけられない。

不倫はバレてはいけないからこそ、自分たちの都合や感情だけで会ったりできないのです。

常に日陰の存在

不倫は絶対にばれてはいけない。

それが絶対条件です。

そのため、常に日陰の存在で居続けなければいけません。

そもそも誰かの目に彼の隣にいる自分を映してはいけないのです。

それを認識されることは絶対避けなければならない。

だからこそ、彼の彼女はもちろん、奥さんとして紹介されることはまずありません。

ましてや、誰かに二人でいるところを見られてはいけないので、昼間堂々とふたりで出歩くことや手を繋いだり、ホテルに行くことはできない。

それがどんなに辛いことか。

不倫を経験したことがない人にはわからない辛さですよね。

将来がない

不倫には基本、将来がありません。

お互いに将来一緒になることを決めて付き合い始める不倫関係は稀だと思います。

もちろん、今ある家庭に疑問を持ち、離婚して一緒になることを決意するカップルもいます。

ですが、基本は家庭ありきの不倫が多いため、将来性を感じることができないことが不倫の辛さです。

特に、片方が独身であればいずれ自分も家庭を持ちたいという気持ちを持つことになります。

でもそれを不倫関係の相手に求めることができない。

片方が不倫相手と結婚したいと思ってしまったら、関係性は良くも悪くも変わってしまうことが大半です。

辛い気持ちを軽減する方法

自分も他に相手を見つける

特に、相手が結婚していて自分は独身の場合。

相手には奥さんがいる。でも自分には彼しかいない。

それってフェアじゃない気がしますよね。

彼にしか向いていない気持ちを、他の誰かに向けること。

不倫をやめるのか、やめないのか、どちらにせよ他の誰かがいてくれる安心感は計り知れません。

男は彼以外にもいる。彼以上にいい男だって山ほどいます。

独身であればなおさら、他に相手を作ったって自由なはず。

彼だけに固執する必要はないんですよ。

恋愛第一主義をやめる

まず、不倫恋愛は「恋愛第一主義」の人には向いていません。

彼の一番になれない。

恋愛第一主義の人は、そのことが自分を苦しめることになるからです。

恋愛はおまけ、位の気持ちでいる人にとっては不倫であっても自分自身を見失うことは少ない。

自分にとって大事なもの。それを彼以外にも、たくさん見つけてください。

それがあなた自身にとってもプラスになるはずですよ。

他にできることを徹底的にやる

彼との関係をよくすること以外で、自分にできることを徹底的に取り組みましょう。

やりたかったこと、やらなければいけないこと。

なんでもいいです。

人間の脳は考えた分だけ、その事柄が重要だと認識していくようにできているため、彼以外のことを考える努力をしましょう。

できればその後、道が開けるような事柄に取り組むと、人生前向きに考えることができるようになるためおすすめですよ。

仕事や資格取得、料理や家事の腕を上げたりもいいでしょう。

不倫は、継続すればするほど自信を失うことがあるため、少しでも自分の自信を取り戻せるようにしてあげるといいと思います。

この恋愛で何を求めているのか考える

今の恋愛(不倫)で、自分は何を求めているのかちゃんと考えたことがありますか?

彼とどうなりたいのか。

将来一緒になりたいのか、それとも今一緒にいたいだけなのか。

なぜ彼じゃないとダメなのかも考えてみましょう。

あなたがこの恋愛で求めることは、彼にしか求められないのか、他の人でもいいのか。

今、そばにいる相手に執着するのは当たり前なんです。

でもそれは、単なる感情でしかありません。ちゃんとこの関係性に何を求め、何を与えたいのか。

改めて考えてみる必要があると思いますよ。

彼と将来について話し合う

不倫関係にある彼と、将来について話し合っていますか?

最初のうちから話しあう人は稀かもしれませんが、ある程度時間を重ねて、信頼関係が出来上がってきた時に自分たちの関係性を話し合うのはとても大事なことです。

将来、彼と一緒になりたい人は特にです。

不倫という関係は、とても特殊でいびつな関係。

でも、遠慮したり謙遜していればあなた自身が関係性に耐えられなくなり、関係性を破滅に追い込むことになります。

ちゃんと彼と話し合える関係性を作ること。

お互い納得できるように、ちゃんと話し合いを設けてください。

それすら、避けるような彼なら将来なんて考えるのは難しいですよ。

堂々と会える機会を作る

彼と堂々と会える機会を作るのも、辛さを軽減する方法になります。

例えば、いつも夜しか会えない。

ホテルに直行、またはどこかの居酒屋でひっそりと飲むのが定番デート。

不倫関係ですから、もちろんバレてはいけないため、隠れるようにデートするのが当たり前ですよね。

でも、それではあなた自身がいずれ辛くなってきてしまうんですよね。

だから、一日中彼と一緒にいれる日を作ってもらう。遠くに行って誰にも会わない環境で堂々と会える機会を作ってもらう。

例え既婚者であっても、彼にはそういう努力をしてもらうことも大事なことですよ。

別れる

不倫の辛さを軽減する最終手段は「別れ」を選ぶこと。

彼と一緒にいたくても、このままでは辛すぎる。

そんな気持ちがどんどん膨らんでいってしまって歯止めが利かなくなってしまった場合は、潮時かもしれません。

不倫は我慢がつきもの。

だからこそ、その我慢が限界を超えた時は終わりを選ぶべきなのかもしれませんね。

-悩み

© 2021 秘恋 〜不倫に悩むあなたへ〜